葬儀用語集

家墓 いえはか

墓石に家名を刻み、先祖代々からの家族または同一姓の親族で、遺骨を共同で納めるお墓のことです。「●●家先祖代々之墓」や「●●家乃(之)墓」と刻まれていることが多く、梵字などが刻まれているものもあります。一族単位が多かった戦前と比べ、戦後は核家族単位が多くなっていったため、家墓は火葬が盛んに行われるようになった明治末期から増え、昭和初期以降に主流となっています。現代は再び核家族化が進んできたため、個人のお墓を作ってお寺に永代供養を頼む方も増えています。

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

フリーダイヤル 0120-8783-39

フリーダイヤル 0120-518-783

携帯電話・スマートフォンからも通話料無料

インスタグラムロゴ

カードの種類アイコン
ページトップへ戻る
24時間・365日無料で相談受付中