葬儀用語集

一蓮托生 いちれんたくしょう

死後、極楽浄土で同じ蓮はすの花の上に身をたくし生まれ変わること。結果や事の善悪にかかわらず、運命をともにすることを言います。 もとは仏教の言葉で、蓮は神聖な花とされ仏様の像も蓮の花を台座として描かれることが多く、「托生」とは仏教語で身を寄せ合い生きるといった意味があり、これらが合わさって熟語となりました。 夫婦や親子など、死後の世界でも愛情を持ち続けることから転じ、他人同士が運命を共にする場合にも使われます。

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

フリーダイヤル 0120-8783-39

フリーダイヤル 0120-518-783

携帯電話・スマートフォンからも通話料無料

インスタグラムロゴ

カードの種類アイコン
ページトップへ戻る
24時間・365日無料で相談受付中