葬儀用語集

一蓮托生 いちれんたくしょう

「極楽浄土に往生した者はみな、同じ蓮華の上に生まれ変わる」という意味を持つ仏教用語です。
亡くなった順番、性別、生前の身分に関係なく、極楽浄土ではみんな一緒に、仏教で神聖なものとされる蓮の花とともにいられると考えられています。
ここから転じ、「よくも悪くも、行動や運命をともにする」という意味でも、この言葉が使われるようになりました。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀用語集:蓮華(れんげ)

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中