葬儀用語集

引導 いんどう

葬儀の読経を行った後、死者に対して棺の前で僧侶が読誦する法語のこと。または、法語などを授ける行為のことをさします。これは死者を葬る前の最後の別れと形で用いられます。仏教における葬送儀礼の1つですが、どの部分を引導と呼ぶのかは宗派により違いがあり、引導の作法自体を行わない宗派もあります。この作法は、迷っている者(死者)を悟りの世界へ導くことを意味し、極楽へ導き入れる儀式とされています。

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

フリーダイヤル 0120-8783-39

フリーダイヤル 0120-518-783

携帯電話・スマートフォンからも通話料無料

カードの種類アイコン
ページトップへ戻る
24時間・365日無料で相談受付中