葬儀用語集

打敷 うちしき

仏壇に飾られる荘厳具の一種で、仏壇の中に敷かれます。別名「内敷」「内布」「打布」ともよばれます。 釈迦の高座に仏弟子たちが尊敬と感謝の念を込め自身の衣服などを敷いたことが打敷の起源と云われています。打敷の「打」には「張る」という意味があり、卓上に張り敷くことを示しています。 夏用と冬用とで使い分けるのが正式で、四十九日では白地の打敷を使用されます。また、宗派によっても形やサイズが異なります。

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

フリーダイヤル 0120-8783-39

フリーダイヤル 0120-518-783

携帯電話・スマートフォンからも通話料無料

インスタグラムロゴ

カードの種類アイコン
ページトップへ戻る
24時間・365日無料で相談受付中