葬儀用語集

一膳飯 いちぜんめし

一杯飯(いっぱいめし)、枕飯(まくらめし)とも呼ばれる枕飾りのひとつで、故人様用の食事を指します。
1合の白米を炊いて、一粒も残すことなく2つの茶碗によそい、それらを強く合わせると、きれいな山の形にご飯を盛りつけられます。
そこに一善の箸を垂直に突き立てれば完成です。
なお、米を残してはいけない理由は、「このご飯は故人様のために用意したもので、生きている者が食べるものではない」という考えがあるためです。
地域や宗派によって、箸の突き立て方や玄米を炊くなど、異なるところがあるようです。

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中