葬儀用語集

一周忌 いっしゅうき

亡くなってから一年目の同月同日(祥月命日)に行われる法事のことを言います。祥月命日が平日にあたる場合は直前の土日に行われることが多いようです。一周忌の際には僧侶による読経のあと焼香が行われ、その後食事がふるまわれます。会場は自宅、お寺、ホテルなどで行いますが、読経の場所と、法事の後の会食が異なる場合もあります。また、会場から墓地が近い場合はお墓参りをします。一般的にこの日までが「喪中」とされます。

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

フリーダイヤル 0120-8783-39

フリーダイヤル 0120-518-783

携帯電話・スマートフォンからも通話料無料

カードの種類アイコン
ページトップへ戻る
24時間・365日無料で相談受付中