葬儀用語集

院号 いんごう

仏様の弟子として僧侶から授かる戒名のひとつで、末尾に「院」がつきます。
生前からお寺に貢献していた人、社会的に貢献度の高い人がつけられる、ランクの高いものです。
もともと、天皇などの皇族や、将軍家の戒名として使われていたという歴史もあります。
お寺への貢献度もひとつの評価ポイントであるため、僧侶に支払う戒名料の額は高くなるといわれています。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀用語集:戒名(かいみょう)
花葬儀用語集:院殿号(いんでんごう)

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中