葬儀用語集

遺体衛生保全 いたいえいせいほぜん

遺体を消毒などの保存処理を施し、長期保存出来るようにする技術のことです。化粧や着付けを行う場合もあります。起源は古代エジプトといわれ、ヨーロッパを経由しアメリカ全土に広まった遺体保全の方法で「エンバーミング」とよばれるのが一般的です。欧米では土葬が基本なので、腐敗や感染症を防ぐためにこの処理が行われます。現代の日本では火葬までに時間がかかる場合や、遺体保冷庫では状態を維持できない場合などに「遺体衛生保全」が行われます。

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

フリーダイヤル 0120-8783-39

フリーダイヤル 0120-518-783

携帯電話・スマートフォンからも通話料無料

カードの種類アイコン
ページトップへ戻る
24時間・365日無料で相談受付中