葬儀用語集

神道 しんとう

日本の古代から現代まで続く、もっとも歴史の長い宗教です。
世界の神羅万象、つまり様々なものに神様が宿っているという考え方(八百万(やおよろず)の神)が特徴で、その崇拝対象は非常に広くなっています。
このため、宗教としては珍しく、経本やバイブルなどの経典はありません。
神道の葬儀は「神葬祭」と呼ばれ、故人様を家にとどめるとともに死の穢れ(生命力がなくなった精神状態)を払い、家族の守り神になってもらうための儀式となっています。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀:神式の葬儀(神葬祭)
花葬儀用語集:死穢(しえ)

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

「す」から始まる葬儀用語

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中