葬儀用語集

親族 しんぞく

養子遠祖も含む本人と血縁関係のある人々(血族)と配偶者と血縁関係のある人々(姻族)の総称のことで、「親戚」と大きな意味の違いはありません。
法律的には「六等親以内の血族」「配偶者」「三等親以内の姻族」に含まれる人が「親族」とされています。
具体的には、

  • ・六等親以内の血族:高祖父母(ひいひいおじい様世代)の兄弟姉妹、いとこの孫、ご自身の兄弟姉妹の玄孫(やしゃご)など
  • ・三等親以内の姻族
    配偶者の曽祖父母(ひいおじい様世代)、配偶者の親の兄弟姉妹、配偶者の甥姪の配偶者など
です。
これらの方を葬儀に呼ぶこともありますが、近年は家族葬など葬儀の規模を小さくすることも多くなり、六等親以内でも遠い関係性の人が呼ばれる機会は減っています。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀用語集:遺族(いぞく)

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

「す」から始まる葬儀用語

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中