葬儀用語集

社葬 しゃそう

企業が主催する葬儀のことで、企業のトップや幹部、功労者、また業務中の事故などによる殉職者などがおもな対象です。
ただし、社葬で故人様を火葬することはなく、あらかじめご遺族だけで故人様を見送ってから(密葬)、お別れ会に近い形態で営まれます。
そのおもな目的のひとつに、故人様の功績を称え、その遺志を引き継ぐ決意を宣言することが挙げられます。
なお、企業が主催するものですが、企業側はあくまで「施主」という扱いになり、この場合でも喪主はご遺族の代表者ということになります。
ちなみに、ご遺族と企業の両方が主催する「合同葬」という形式もあり、こちらは火葬前の故人様を祭壇に安置しておこないます。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀:社葬/合同葬/大型葬
花葬儀コラム:社葬を行う意味と目的 準備から執行までの重要なポイント
花葬儀コラム:社葬の対象者はどんな人? 社葬を行うケースと判断基準
花葬儀コラム:社葬の損金算入の範囲と必要な手続き

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

「す」から始まる葬儀用語

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中