葬儀用語集

逆さごと さかさごと

死後の世界と現世を区別するおこないを指し、とくに葬儀に関連する物事を、通常と反対のやり方で執り行うことをいいます。
古来、死の世界は現世と物事が正反対であると考えられており、その名残が葬儀の場に風習として伝わっているのです。
夜に葬儀を営む(現在のお通夜)理由も、「夜に葬儀をすれば、そのとき死後の世界は昼間。そうすれば故人様が死後の世界で迷わずにすむ。」という考えから始まったといわれています。

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

「す」から始まる葬儀用語

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中