葬儀用語集

死亡届 しぼうとどけ

人が亡くなったことを法的に証明するための書類で、正式には「死亡届書」といいます。
届出義務者(同居の親族、同居人、家主や土地の管理人)が死亡を知った日から7日以内(国外での死亡の場合は3ヶ月以内)に対応しなければならないと法律で定められています(戸籍法第86条)。
届出先は、死亡者の本籍地、死亡した地域、または届け出る人がお住まいの地域の市区町村役場です。
この届出には死亡診断書(または死体検案書)と印鑑(認印も可)が必要です。なお、近年はご遺族が必要事項の記入と捺印をおこない、役所での手続きは葬儀社が代行することも多くなっています。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀用語集:死体検案書(したいけんあんしょ)
花葬儀用語集:死亡診断書(しぼうしんだんしょ)

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

「す」から始まる葬儀用語

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中