葬儀用語集

白木の位牌 しらきのいはい

逝去後すぐに使う仮の位牌で、木の地が出たままの状態であることが特徴です。
戒名(宗派によっては法名)、生前のお名前、没年月日などを記入し、遺影とともに祭壇に安置します。
忌明けまでに黒塗りまたは唐木の本位牌を準備し、四十九日法要のときに魂を移すという流れになります。
四十九日までに準備できなかった場合は、百箇日までに用意するとよいでしょう。
役目を終えた白木の位牌は、お寺や位牌の製造業者に処分(お焚き上げ)を依頼すれば大丈夫です。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀用語集:位牌(いはい)

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

「す」から始まる葬儀用語

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中