葬儀用語集

逆さ水 さかさみず

死後の世界と現世を区別するためにする、いわゆる「逆さごと」のひとつです。
適温のお湯でご遺体を洗い清める湯灌(ゆかん)のさい、「水に熱湯を注ぎ温度を調整し、ご遺体を足から洗う」という流れをとります。
通常、お湯の温度は「熱湯に水を入れる」ことで調整、ご遺体は「頭から洗う」という流れですが、死の世界との区別のためにその順序を入れ替えるものです。
ほかにも、故人様の枕元に置く屏風を上下逆にする「逆さ屏風」、安置の際に布団を上下逆にかける「逆さ布団」などもあります。

【この言葉を調べた方がよくご覧になるページ】
花葬儀用語集:逆さごと(さかさごと)

「あ」行~「わ」行をご選択いただきますと、その行に含まれる葬儀用語が表示されます。詳細が表示されますので、お調べになりたい葬儀用語をクリックしてください。

「す」から始まる葬儀用語

葬儀の基礎知識

費用や葬儀会場、流れなどのご不安をすぐに解決いたします

私たち葬祭ディレクターが賜ります

24時間365日
いつでもご相談ください

電話をかける通話無料)

カードの種類アイコン
24時間・365日無料で相談受付中